headband

モバイルWi-Fiの月額最安プラン

モバイルWi-Fiで高速通信したい、でもお金がかかるのは嫌。そういう方もいらっしゃるでしょう。ここではキャリアごとに最安の月額料金を見て、その中から一番安いプランをご紹介します。

通信量の割に月額料金の高いドコモ

ドコモのプランでは「データSパック」が3,500円と最安です。しかしそれ以外に1,400円かかり、2GB通信するのに4,900円毎月払う必要があります。他のモバイルWi-Fiのキャリアと比べると割高になります。

プロバイダーによって差が大きいWiMAX

WiMAXの最安プランはBroad WiMAXの「月額最安プラン」です。新規でツープラスに加入すると、24ヶ月目までは月額2,726円で利用できます。月間通信量は7GBまでで、超過すると128Kbpsまでの速度制限を受けます。

WiMAXの月額料金やキャッシュバックのサービスはプロバイダーによって大幅に異なりますが、月間通信量に関してはどのプロバイダーも7GB、もしくは月あたりの制限がないプランを用意しています。

機種によって月額料金が違うY!mobile

Y!mobileはモバイルWi-Fiの機種によってプランが異なります。

月間通信量が少ないライトユーザー向けの端末に対応したプランが、月額料金も安くなっています。

「Pocket Wi-Fi プランSS」は401HWに対応したプランで、月々2,480円で通信できます。今だと「メガ得キャンペーン2」が行われており、401HWの月間通信量は2GB無期限で増量されます。

506HWという端末は「Pocket Wi-Fi プラン2 ライト」という料金プランが適用されます。外見以外の性能も料金も401HWとほぼ同じですが、「メガ得キャンペーン2」は506HWには適用されません。

ソフトバンクは、どのプランも月額料金や通信量が同じ

ソフトバンクが発売しているモバイルWi-Fiも端末によってプランが違います。しかしプランの名前は違っていても実質同じプランになっています。「Pocket WiFi 特別キャンペーン」が実施されている結果、どのプランも月額3,696円で7GB利用できるのです。

こうなると端末の性能が比較材料になります。通信速度の高い機種には501HWと303ZTの2種類がありますが、501HWはテレビチューナーがついています。バッテリー容量も501HWのほうが上のため、ソフトバンクから選ぶなら501HWです。

全てのキャリアの中で一番安いのは?

月額料金の一番安いプランはY!mobileの「Pocket Wi-Fi プランSS」です。401HWという端末に適用されるプランで、月2,480円かかります。同じY!mobileの506HWはほとんど同じ性能ですが、月間通信量では401HWのほうが勝ります。

pagetop